藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

産経新聞「朝の詩」などに投稿しています。

未来―産経新聞「朝の詩」

産経新聞朝の詩「未来」

産経新聞 朝の詩「未来」

産経新聞の朝の詩に掲載していただいた詩。

2017年1月27日、20歳を迎える直前の冬でした。

 

原風景は中学3年生の冬。

スキー合宿に行くために始発の電車を待っていたとき。

見かけた老夫婦は長年連れ添ってきたことがよく伝わってくるくらいに、表情がよく似ていました。

手を繋いで身を寄せあっている二人の前に電車が滑り込んできたときが、ちょうど夜明けでした。

朝日に照らされる二人は、誤解を恐れずに言うならば、そのまま天国へ昇っていってしまいそうな神々しさでした。

5年以上経った今でも、印象に残っている光景です。

 

実は、当時の私は思春期真っ只中でした。

「オシャレ」「可愛い」「すごいね」

そんな褒め言葉が何よりのご馳走で、誰かに羨ましがられることが幸せ。

同年代だけの狭い世界―40人くらいのクラスの中で、友達はいるけれど、本当はどう思われているのかわからない。

だから、自分の絶対的な存在意義を探していました。

そして、何かしらで褒められたとき、認められたと思ったときに、充足感を感じていました。

 

けれど。

スピーチでクラスメイトの尊敬を集めたときより、全校集会で表彰されたときより、老夫婦の姿を見たときの方が、何故だか嬉しかったのを覚えています。

現に今も、表彰して下さった校長先生の表情は覚えていないのに、名前も知らない二人の表情は覚えているのです。

 

血も繋がっていないのに、雰囲気がきょうだいのように似てくるほど、自然体で長く共に生きられる相手。
そんな相手と一人でも巡り会えたなら、それ以上の幸せはない。

そう、この日から思っています。

 

夫婦の理想形は人それぞれだと思いますが、私にとっては年老いた二人の姿が一番の理想です。

 

***

未来


早朝の

プラットホームに

老夫婦が佇んでいる

肩を寄せ、手を繋ぎ

少し丸い背中も似て


滑り込む電車の向こう

朝日がふたりを照らす


ああ私も

いつの日か

彼等の行き先に

辿り着けるでしょうか

***

産経新聞朝の詩「未来」

産経新聞 朝の詩「未来」

選んで下さった選者の新川和江先生、投稿のきっかけを下さった故・柴田トヨさん、ありがとうございました。

初夏―産経新聞「朝の詩」


産経新聞 朝の詩「初夏」

産経新聞 朝の詩「初夏」

5月の晴れた日に産経新聞の一面、朝の詩に掲載された詩。

就職活動を控えて、希望と絶望を抱えていた時期。

思うように時間もとれない中、溢れる理想をそのまま書いた詩です。

 

掲載された日は、愛犬の葬儀の日でした。

帰ってきてくれないかなと、見上げた青空ともリンクして、今でも少し胸が締め付けられます。

愛犬が遺してくれたようで、そういった意味でも思い入れのある詩です。

 

初夏の綺麗すぎる青空や、過ごしやすい空気に、ほんの少し苦い思い出を持っている方は多いのではないでしょうか。

 

希望、絶望、理想。

甘酸っぱさ、苦味。

色んな感情が混ざった感覚を、

人は青春と呼ぶ気がします。

 

私にとっては、まさに最後の青春詩です。

 

産経新聞 朝の詩「初夏」

産経新聞 朝の詩「初夏」

 

成人の日~母も振袖重く背筋伸び~

f:id:nohono821:20200113203102j:image

今日は成人の日でしたね。

 

私は数年前に成人式を迎えたとき、母のお下がりの振袖を着ました。

不思議とあまりお下がりという感じがしなかったのを覚えています。

母が着ている姿を写真で見たことはあったのですが、実際に着てみると自分もなかなか似合っていて「さすがは親子だなぁ」と思ったものでした。

 

30年近く前のものなので柄も古く最初はあまり気乗りしませんでしたが、今では母の振袖を着られて良かったなぁと思います。

家族の重みがずっしりとのった着物が、成人を迎えられる幸せを教えてくれたから。

 

振袖の重みは20年の重み。

 

星―産経新聞「朝の詩」掲載詩

産経新聞 朝の詩「星」

産経新聞 朝の詩「星」

産経新聞一面「朝の詩」のコーナーに掲載していただいた詩。

 

ある寒い夜の帰り道。

どうにもならないことで落ち込んでいた私に、偶然出会った赤ちゃんが手を差し伸べてくれたことがありました。

ちょうど星が綺麗な夜で、赤ちゃんの両手が夜空に浮かぶ星と重なったのです。

そんな何でもない日の、ささやかな感動を綴りました。

 

正直、子どもや赤ちゃんはあまり得意ではありません。

その何の邪心もない微笑みに、羨ましさと恐さを感じてしまうから。
親に愛されている様子に、自分の幼少期を重ね、その愛に応えられているのかと後悔してしまうから。

 

けれど、そんな醜い感情を浄化し感動に変えてくれるのも、また彼らなのだと思います。

子どもやお年寄りから、何か神さまと接しているような感覚を受けるのは、私だけでしょうか。

きっと人は天から降りてきて、ある時点で地面に降り立ち、また天に昇っていくのではないかと思うような。

きっと私よりも天に近い存在なのだろうと、勝手に信じています。

 

***

幼い頃
手を伸ばせば
夜空の星にも
届くと思っていた
やがて背は伸びたが
夜空の星は遠くなった
そんな私を求める
赤ん坊の小さな手
ああ私がずっと
探し求めていた星は
ここにあったのですね
私の手のひらも
誰かの小さな星に
なれるかしら

***

 

新川和江先生、選んでいただき本当にありがとうございました。

これからも何でもない日常の感動を言葉にし、密かに残していくつもりです。

 

一人百首プロジェクト⑤

親子だね話したい言葉たちが積もって氷になっては溶けて

f:id:nohono821:20191130181547j:image

親子ゆえに分かり合えることもあれば、親子ゆえに言い出すことすらできないこともある。

言えないことばかりが氷のように積もりに積もり、なかなか溶けず、距離ができることも。

 

けれど、きっかけさえあれば溶かすことができるかもしれない。

どんなに年月が経っていても。

そんな希望が持てるのもまた、親子という関係だからこそだと思います。

 

自分に似ているからこそ許せないところがあれば、尊敬できるところも、憎めないところもある。

そんなものなのでしょうか。

 

今日のような穏やかな夜には、ふと両親の顔が見たくなるのでした。

ーーーーーーーーーーーーーー

※一人百首とは

百人一首の逆。すなわち、1人で100の短歌を詠んでいくプロジェクトです。

一首ずつ、短歌を載せていきます。

わたしの産経新聞「朝の詩」

このブログでは産経新聞「朝の詩」に掲載していただいた詩をまとめています。

 

星―産経新聞「朝の詩」-藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

2 消しゴム―産経新聞「朝の詩」 - 藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

3 初夏―産経新聞「朝の詩」 - 藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

4 はたちの夏―産経新聞「朝の詩」 - 藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

5 未来―産経新聞「朝の詩」 - 藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

6 いのち―産経新聞「朝の詩」- 藤ほの香Blog 星叶-ほのか-な願い

 

青春の思い出であり、ささやかな生きた証です。f:id:nohono821:20191102223353j:image

 

一人百首プロジェクト④

あげパンの砂糖つもった盆の上好きな子の名を書いては消した

f:id:nohono821:20191012211831j:image

先日、仕事の昼休みに昼食を買いに行って、揚げパンを見つけました。

 

小学生の頃一番好きだった給食。

食べながら手と口の周りが砂糖まみれになって、少し恥ずかしかったのを覚えています。

 

忙しい大人を小学生だったあの日に戻してくれる魔法の食べ物。

 

厳しい上司にも、満員電車の疲れたサラリーマンたちにも、

好きな子の名前を繰り返し書いては消すような
砂糖みたいに甘くて切ない時期があったのでしょうか。

なんて考えて、ほっこり切なくなった昼休みでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

※一人百首とは

百人一首の逆。すなわち、1人で100の短歌を詠んでいくプロジェクトです。

一首ずつ、短歌を載せていきます。